漢文の基本1-現役灘高生大絶賛!“句形丸暗記”ではなく“構文から理解する”

第1章第1節日本語との違い

■現役灘高生が「そういうことだったのか!」と大絶賛した新参考書『脳TEC漢文』第1章より■
「レ点」は下から返って読みます。
しかし、そもそもなぜそのような読み方をするのでしょうか?
従来、漢文における“構文”まで解説を行う参考書はありませんでした。
英語を学ぶ場合、文法の基礎には“構文”があります。漢文はもともと外国語(古典中国語)なので同様に構文を理解することで句形の理解が深まります。
本書は、従来の参考書のような「丸暗記」を排除し、漢文の基本句形を中心に、語順からその構文・論理を理解できるようになっており、センター試験白文問題や一般入試にも応用できる基礎力が身に付きます。また、各章に付いている「練習問題」(例文)を解くことで、その句形に対する理解を深め、覚えやすく、かつ忘れにくくなる仕組みとなっています。(力石講師:河合塾や四谷学院など大手予備校を中心に出講している実力派講師。東大模試の作成や、新聞への解答速報掲載など、多岐にわたり活躍中。)

⇒ 続きは https://youtu.be/NEAFBRQir4Q

【脳TECのサイト】⇒ https://vicolla.jp/
【脳科学で証明された自習力を飛躍的に高める勉強法メディア】⇒ https://brain.vicolla.jp/
【脳TEC漢文購入ページ】http://amzn.asia/eWWxRGT
【一瞬で勉強の計画を立てる勉強管理アプリViCOLLA】
⇒ https://vicolla.app

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です